スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
ウォーキングシューズについて



 ウォーキングダイエットは手軽にできますが、きちんとウォーキングに適しているシューズを使用すると効果がより期待できます。


もしウォーキングのためのシューズを購入するときにはデザインだけでなく自分の足にぴったり合うようなシューズを選ぶようにしなくてはいけません。


ウォーキングシューズを選ぶときのポイントを少しご紹介してみたいと思います。
まずかかと部分がしっかりしているものを選びましょう。軽量シューズではなく少し重さがあるシューズを選びましょう。歩くときに受ける衝撃などをカバーしてくれます。靴底に厚みがあるものも同じような効果があります。
また足のサイズの微妙な調整をしやすいために靴は紐で結ぶタイプにしましょう。
足先は少し余裕があるようにしましょう。歩くときに前に当たらないように。


外反拇趾気味の人もかなり注意が必要でなるべく圧迫しすぎないものを購入するようにしましょう。


なかなか自分にぴったりのウォーキングシューズに出会える人はいないと思います。多分何回も買っては失敗すると言う人も多いでしょう。
根気よくしかし無理しないで探してみてください。


ぴったりのシューズでウォーキングをすることで足に負担がかかることなく、楽にそして楽しくウォーキングができるようになり、効果も倍増するもので。
楽に楽しいウォーキングができるように心がけましょう。


 

カテゴリ:- | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ウォーキングダイエットをする時に気を付けること

 ウォーキングダイエットをするときに気を付けなくてはならないことをご紹介していきましょう。


気を付けなくてはならないこと、それは「紫外線」です。
女性にとって紫外線はシミやシワ、日焼けの敵ですので必ず対策をしておきたいところです。また紫外線を浴びすぎると健康を害する場合もありますので甘く見ないで注意するようにしましょう。


紫外線は年間を通してあります。今日は曇りだから大丈夫とかいうのは嘘で曇りでも紫外線は出ているのです。


ただ紫外線の量は日によって違いますので気象庁のホームページなどで毎日チェックすることをおすすめします。
またなぜ紫外線を浴びないようにした方がいいのか、紫外線とはなんなのか詳しい説明も記載されていると思いますので興味があるかたは見てみてください。


日中特に暑い日の日中歩くときには日焼け止めだけではなく、熱中症対策として帽子もかぶるようにした方がいいと思います。
その帽子もツバがあるもので、色も黒など濃いものの方がいいようです。


また、美白対策に化粧品とかビタミンCのサプリメントを摂取するなど紫外線やシミ対策も行うとより効果的に対策できるかもしれません。


夏など外の気温が高い場合には無理をして明るい時間に歩かず、できれば日が落ちて涼しくなってからウォーキングする、朝早くにウォーキングするなど、時間をずらして行うようにすることをおススメします。

  

 

カテゴリ:- | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ウォーキングダイエットで気をつけること【排気ガス】



 正しいウォーキングをしなければ健康を害してしまう可能性があります。
そこで、ここではウォーキングをするときに気をつけなければならないことを紹介していきましょう。

ウォーキングをするときに気をつけることは「車から出される排気ガス」です。ウォーキングをする場所にもよると思うのですが、普段車が多く走っているところの歩道を走るときには排気ガスに気をつけなければいけません。気をつけるというか、できればそういうところは避けた方がいいと思います。

ウォーキングの目的、それは有酸素運動ということで酸素を体内に取り込むということなのです。ですから汚れた空気を体内に取り込んでしまっては逆に健康を害してしまう可能性も出てきます。ウォーキングダイエット以前の問題になってしまいます。

ウォーキングをするときには、大きな公園や車どおりが少ない場所を選んですることがいいと思います。
しかしそういった場所が少ない場所に住んでいる人にとっては車が通っていない場所を見つけること自体が難しいですよね。
そういうときには時間帯に気をつけてみてはいかがでしょうか。

朝早く、または夜になると車どおりが少なくなる場所と言うのもありますよね。
昼間よりは排気ガスは少なくなると思うので、そういった時間帯を狙ってウォーキングをするように心がけましょう。


 

カテゴリ:- | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ウォーキングをするときの時間帯

 時間がなく忙しい人はダイエットをしたいと思っていてもなかなか行動に移せません。
でもウォーキングは簡単に手軽にできるダイエット方法だと思います。

いつでもできるとは言え、やはりダイエットをするのであれば効果をあげたいですよね。そこで効果が期待できる時間帯などをご紹介してみたいと思います。

血糖値の関係から言うとウォーキングに適している時間帯は食後1〜2時間後がいいです。

体内にある血糖値と言うのは空腹時には低いし、食事をしたあとだと上がっていますだから適度な値になる食後しばらくしてからの方がいいのです。

と言うことは、朝の朝食前はダメと言うことになりますが、何か軽く食べた状態でなら大丈夫です。ただし軽くと言うのが大事です。
一番いいのは7時くらいに夕飯を食べて9時くらいにウォーキングを始めるといいでしょう。
人通りも車通りも少なくなるためにウォーキングしやすいかもしれません。ただし人通りが少なすぎるのは治安上不安ですので気を付けるようにしましょう。

ウォーキングでダイエットをする場合ですが最低でも20分以上は必要です。ウォーキングをして体内でエネルギーが作られるのですが、最初の20分で糖分を使ってエネルギーを作り、無くなったら脂肪を使ってエネルギーを作るようになるので、なるべくなら30分は歩きたいところです。

以上のようにウォーキングに適しているタイミングと時間数などを把握して、よりダイエットを効果的に行いましょう。

 

カテゴリ:- | 02:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ウォーキングダイエットを始める前に



 ウォーキングを始める前にまず歩き方のチェックをしてみましょう。
自分のウォーキングのチェックをしてからウォーキングを始めることで成果を上げることができます。

まず今の歩き方から見てみましょう。上下左右に揺れながら歩いていたり、膝を曲げて歩いていたりしないでしょうか?

正しい歩き方のポイントは、背筋を真っ直ぐに正す、膝を曲げすぎないようにしてかかとから地面に着くように、爪先で地面を蹴り上げるように歩きます。また腕は軽く曲げ大きく振って歩きます。

これが正しい歩き方なのですが、意外と難しく歩くときに上下左右に揺れている人が多いようですのでまずは揺れながら歩いていないかチェックしましょう。

次に膝を曲げて歩いていないかチェックします。普段ヒールが付いている靴を履いている人などは膝を曲げて歩いたり、なんとなく前のめりになったりして歩きがちですので、注意する必要があります。特に女性に多い症状だと思いますので自分の歩き方をチェックしてみましょう。

あとは背筋をピンと伸ばしておくことも大切です。猫背になってしまうときちんと歩くことができませんのでできるだけ意識して直すようにしましょう。

正しい歩き方をしてウォーキングダイエットを成功させ、心身共にバランスのいいダイエットを心がけましょう。


 

カテゴリ:- | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ウォーキングという有酸素運動の仕組み

 前回も話たとおり、ウォーキングの肝は有酸素運動です。
この有酸素運動の仕組みをしることによってウォーキングダイエットの取り組み方が一味も二味も変わってくるものです。
そして、やる気もぐんと出るようになり、ダイエット効果も倍増になるかもしれませんよ。

まず「有酸素運動」とは!有酸素運動と言うのは呼吸をすることで体の中にある糖質や脂肪をエネルギーに変えてくれる酸素を取り込むということです。簡単に言うと呼吸をして脂肪を燃焼させるということになるのです。

これだけ聞くとわざわざウォーキングなんかしなくても24時間いつでも呼吸しているのだからやらなくてもいいじゃないの。と思ってしまうかもしれませんが、普段の呼吸では体内に取り入れられる酸素の量が少ないのです。取り入れる酸素の量が少ないと言うことはその分呼吸が浅いということなのです。

しかし、ウォーキングは自然に深い呼吸をすることができるし、そのおかげで酸素を体内に継続的に取り込むことができ、脂肪を燃焼させることができるということになるのです。

人が生きていく上で必要なエネルギーというのは大きく分けて、糖分を分解する場合、脂肪を分解する場合の二つの過程で作られているのです。
特に脂肪を分解するときにはより多くのエネルギーが作られてます。
この二つの過程は有酸素運動で出来ます。
有酸素運動をする事によりエネルギーが作られていくんですね。

  

カテゴリ:- | 01:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ウォーキングで何故ダイエットができるの?



 ウォーキングをすると何故痩せることが可能なのでしょう?
ダイエットをしたいと思っている人は大勢いると思います。お金をかけずに手軽にできるものと言ったらウォーキングがあると思います。しかしどういう仕組みで痩せることができるのか知っていますか?知っているのと知らないのとじゃ意識的にも違ってくると思いますので是非知っておいてみてはいかがでしょうか?

まずは体の中の血液の流れをよくすることで痩せることができると言われています。血液の流れを良くする為には「歩く」ことがいいとも言われています。

ではどうして「歩く」ことで血液の流れがよくなるのでしょうか?

「歩く」と言うことをしていると、体内の糖質や脂肪がエネルギーとして消費されるようになります。その消費されるまでの流れですが、歩き始めて大体20分間は血液中にある糖質が燃焼されるのです。20分以降は血液中にある糖質が燃焼されてしまいましたので、変わりにエネルギーになる血液中の脂肪を燃焼していくという仕組みになっているようです。

エネルギーとして脂肪が燃焼されていくと、自然に体重も減少していくことになります。

こういうような体の流れを作るのに最も効果的なのが有酸素運動だということで、手軽にできる有酸素運動にはウォーキングという「歩く」行為が該当するんですね。
ですからウォーキングをするということはダイエットとして、健康的、理想的、そして効果的な方法だと言うことになるのです。

 

 

カテゴリ:- | 01:56 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ウォーキングをして肥満解消しましょう

 ウォーキングをして肥満解消していくにはとにかく大事なのは継続になります。
では、その仕組みについて話していきましょう。

ウォーキングは有酸素運動です。ウォーキングすることにより体内に酸素を取り込み、体内にある糖質と脂質をエネルギーに換えるということで肥満が解消される可能性があるというウォーキング運動になります。

ですので、歩けば歩くほどたくさんの糖質や脂肪を燃焼させることができるという計算になるので肥満解消、結果的にダイエットに繋がると言うことになるのです。

また筋トレみたいに体に負荷がかかるわけではありませんので、長時間継続しやすいというのも特徴として挙げられます。糖質と脂肪をエネルギーとして使用していますので筋肉を鍛えて引き締めると言う効果もあるようです。ちょっとたるんだふくらはぎなんか締まってきちゃうかもしれませんね。

このウォーキングと言う運動をより効果的にダイエットに結びつけるために行うためには、無酸素運動である筋トレをウォーキングとかする前に軽く行うことがいいみたいです。筋トレで筋肉をつけ、ウォーキングで引き締めるようにすることで新陳代謝があがり、痩せやすく太りにくい体になってくると思います。

大事なことはウォーキングをするときには、「運動」をしているという意識を持つことです。
だらだら歩いていても決して効果は得られません。意識をすることで脳から全ての器官への信号により体の動き方も変わるしエネルギーもたくさん消費されると言うことに繋がっていくのです。

 

カテゴリ:- | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) | -
正しいウォーキングフォームでダイエットしよう



 ウォーキングダイエットをするにあたり、正しいフォームで行わなうというのが最も大切なことです。
ここでは正しいウォーキングフォームをご紹介していきます。

まずは背筋を正しく伸ばして立つことが大切です。
正しい姿勢とは背筋は猫背にならないようにまっすぐに伸ばします。頭のてっぺんを糸で引かれているような感じと思ってください。その状態であごを軽く引いて目線を遠くにします。
この状態を保つと姿勢を正しくすることが可能です。

正しい姿勢でウォーキングをすることにより、より効果が出て脂肪を燃焼させることができます

次に歩き方ですが、理想的な歩き方はどちらかの足が常に地面に着いた状態で歩くことです。

歩くときには一本の線の上を歩くような感じで、足を前に出すときにはなるべく膝を曲げないようにしてみましょう。
またかかとから地面におろし、爪先を蹴り上げるように地面から離します。

次に腕の振り方ですが軽く「く」の字に腕を曲げて軽く「ぐー」を作ります。

振るときには出来るだけ大きく、力を入れすぎずに前後に振るようにしてください。また腕を振るときにはできるだけ前後に振るようにしてください。左右に揺れたりしてしまうと正しい歩き方ができなくなります。

以上のようなことを意識するだけでウォーキングにもリズムができ、余計な力も入らないことから効果がより一層期待できるようになります。
正しい姿勢でウォーキングするように常に意識して歩いていきましょう。


 

カテゴリ:- | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ウォーキングでダイエットをするにあたって

 ほとんどの人がウォーキングをしてダイエットをした方がいいと考えているのではないでしょうか?
このウォーキングというのは歩くことで運動をするということを目的としています。
ただ歩くと言う意識ではなく、歩く運動をするという意識で歩くことに意味があるんです。

意識をして歩くことによって、消費カロリーも多くなるし、運動量も多くなると言うことになります。

ダイエットを目的としてウォーキングをしている人ももちろん多いですが、健康維持のためにウォーキングをしていると言う人も意外に多いのですからびっくりします。
ウォーキングは激しい運動ではないために、高齢者の方でも気軽に取り組めることができます。

とにかく簡単に取り組むことができ、必要な準備も特にいらないということが最大のメリットではないかと思います。

しかし、1回2回行ったからいいと言うわけではありません。やはり継続は力なりじゃないですけど継続的に行うことで運動効果も身体的効果もでてくるようになってくるのです。

ウォーキングは有酸素運動となります。ダイエットを行うためには有酸素運動だけではなく無酸素運動も必要です。
その為にウォーキングの前に軽く筋トレなどの運動を行ってからウォーキングをすることによりダイエット効果は倍増するものと思います。

軽い筋トレほんとに軽くていいんです!最初の内は大体、腕立てや腹筋、背筋などを10回位ずつ行う程度でいいです。

 

カテゴリ:- | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | -
<< | 2/2PAGES |