スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
ウォーキングダイエットと内臓脂肪
肥満と言うのはどういった人のことを指すのでしょうか?
体重があり、見た目的にかなり太っている印象の方がたくさんいます。
 
もちろんそれも肥満なのですが、それだけではありません。
見た目が太っていなくても内臓に脂肪がたくさんついていたり、体脂肪率が高かったりする人も肥満と言う部類に分類されます。
 
この体脂肪を減らすことに効果があると言う運動が、やはり有酸素運動である「ウォーキング」ですよね。
 
また、早急にダイエットが必要な人と言われているのは内臓脂肪型の人と言われていて、皮下脂肪の人と比べても格段に健康面での危険性を伴っているからこういわれているのです。
 
体内のエネルギーを蓄えるという役割を持っているのが内臓脂肪だということです。
ですので、体内でエネルギーが必要だと言うときに最初に燃焼してくれるのも内臓脂肪だということになります。
この燃焼させる行為として最も友好的なのがウォーキングということです。
 
ウォーキングダイエットをすることにより、内臓脂肪も燃焼させてくれますが、さらに血圧を安定させたり、骨の老化を防止したり、筋肉の衰えを防止して鍛えていくようにしたりとさまざまな効果を期待でき、痩せやすい体質を作り出すことができるのです。
 
ウォーキングをすると効果的には上記のような効果もさることながら、ストレス発散と言う精神的な効果も得られます。
 
  
 
カテゴリ:- | 12:39 | comments(29) | trackbacks(0) | -
ウォーキングダイエットはシューズが大事

 ウォーキングをダイエットの方法として行う場合、比較的早足でリズム良く歩く人が多いでしょう。
そうしていると汗もよくかいてきます。
 
ですからウォーキングをするときの服装は汗を吸収しやすい綿などの服を選ぶようにしておくことが大切です。
また私たちの生活の中でウォーキングをする時間帯と言うのは限られていると思います。
 
だいたいは夕方から夜にかけてが多いとは思いますが、この時間帯というのは足がむくみやすい時間帯でもあります。
ウォーキングシューズはその時間帯に合わせてむくんでいても履けるシューズを選ぶようにするといいと思います。
 
ウォーキングでダイエットの効果が期待できる場所ですが、足を特に使いますので足の部分痩せにも効果がありますが、下半身よりは使っていなくても腰をひねったり腕を振ったりして全身を使っていますので、全体的に痩せることにも効果があります。
 
ウォーキングダイエットをより効果的に行うためにはウォーキング専用のシューズを用意した方がいいでしょう。
他のシューズとの違いは足の衝撃の和らげ度です。ウォーキング専用ということもあり足を痛めずに歩くことができます。
 
ウォーキングシューズを選ぶときにはデザイン重視ではなく、ある程度重さもあり、爪先を曲げられる程度の遊びがあるようなものを選んでください。
 
ダイエットは一日にしてなりません。長期間継続的に行えるようにシューズも服装も適切なものを選ぶようにしましょう。
 
 
カテゴリ:- | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ウォーキングダイエットをする前に生活習慣を直そう


 ダイエットを始める前にまずやることは、太りやすくなった生活習慣を見直すことです。
 

理想的な生活習慣とは食事を1日3度決まった時間にきちんとしたバランスで食べることですが、私たちの今送っている現代社会においてそれは結構難しい話だと思います。ですから自分が太りやすくなっている原因となるものを探し出して把握し、改善していくことから始めてみてはいかがでしょうか。

 
以下に主な太りやすくなる生活習慣の例を挙げて見ましたので参考にしてみてください。
・生活が不規則
・ストレスが多い
・運動不足
・お酒の飲みすぎ
・暴飲暴食

 
まずはウォーキングのダイエットをするときの注意です。ダイエットと言うのは体内にある余分な脂肪、余分な老廃物を体外に排出することを意味しています。ダイエット=食事の量を減らすと考える人がいますが、これは一時的に体重が減りますが肝心な脂肪は減っていないので勘違いしないようにしましょう。

 
次に無駄なカロリーは取らないようにしましょう。脂肪の大敵となるのは過剰摂取されたカロリーです。カロリーは摂取量が少なすぎても多すぎても駄目です。カロリーが少なすぎると基礎代謝が低下してしまい逆に脂肪が溜まりやすい体を作ってしまいます。適量のカロリーを摂取するように心がけるようにしましょう。

 
脂肪を適度に排出させてくれるのがウォーキングという有酸素運動です。
ウォーキングを行うことで脂肪が排出されダイエットに繋がってきます。
その為にも規則正しい生活を送ることです。それにより効果は断然違っていきます。

 
 

カテゴリ:- | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ウォーキングを継続しよう

 とても簡単な「ウォーキング」ですが、ただ歩くだけでダイエット効果が期待できるの?と不振に思う方もいるでしょうが大体の方に効果があります。
特にデスクワークなどの仕事をしていて普段運動などをしていない人に関しては効果がでやすいです。
 
ウォーキングでも20分以下の場合にはあまり効果はないのですが、20分以上歩けば歩いただけカロリーが消費されていくことになり、より効果が期待できると言うことになります。
 
ここで注意するのはウォーキングをする状況ですが、ご飯を食べる前にウォーキングしてしまうと運動することにより余計に食欲が増してしまう可能性がありますので注意してください。ダイエットとは逆効果になってしまいます。
おすすめはご飯を食べた後、ゆっくり時間をとってからがいいと思います。
 
ウォーキングにちょっとダイエット効果をプラスさせるには歩き方を工夫してみてはいかがでしょうか。まず歩幅を大きくとります。歩幅が大きくなると自然に腰をねじるような動作になります。このときに体は常に正面を向くように意識して歩くとウェストがひねられていき、くびれができる結果にも繋がってくると思います。
腰をひねることで腰周りについたお肉を引き締めることができます。
 
ウォーキングは健康のためと考えて行う人もいます。
それをちょっと工夫してダイエットにも役立てるようにしていくことで、目的意識が持てて長続きするのではないでしょうか。


カテゴリ:- | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ウォーキングダイエットはお手軽ダイエット

ウォーキングダイエットは誰でも簡単に始められることができるダイエット方法です。
 
このやり方は、とても簡単でまずは背筋をきちっと伸ばします。
そして歩幅を大幅にして普段より大きく歩くようにします。このとき腕は「くの字」にまげて大きく振ります。
こうすることで腰からひねるように歩くことができ、ダイエットにも繋がるようになります。
さらに歩くときにはかかとから地面に付けるように歩き、つま先から蹴り上げるようにします。そして早歩きで歩くようにしていきましょう。
 
歩く時間ですが、ウォーキングに限らずですが有酸素運動を、始めてから脂肪が燃焼され始めるのは20分を経過してからだと言われています。
まずは最初のうちは20分を目標にしてウォーキングをしていき、徐々に30分、45分、60分と長くしていくようにしましょう。
歩いているときにはできるだけ休憩は取らないようにしましょう。そうすることで脂肪が燃焼されている時間が増えていきます。またダイエットと言うのは何よりも継続することが大切です。
1日置きでも構わないので長く続けていく事に重点を置きましょう。
ウォーキングに適している歩幅というのは身長×0.37とも身長×0.45とも言われていますが、大体身長から90〜100ほど引いた値が理想的だといわれています。
 
また、歩くスピードですがいつもよりは少し早めにリズムを持って歩きます。
このとき「ゼーゼー」と息が切れるようであればスピードが速すぎるので少し緩めて歩いていきましょう。


カテゴリ:- | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ウォーキングダイエットで気を付けること

ここに本文を記入してください。
 何かしらのダイエットをしている場合、最初は順調に減っていった体重も途中からぱったり減らなくなる時期がありますよね。
それが「停滞期」です。

停滞期と言うのは体内が一定量の脂肪を維持しようとすることから起こる現象で、この時期は何をやっても体重が落ちていかないのです。
これをダイエット方法が合わないからと途中で挫折してしまう人もいるようです。

しかし体重が減らなくなったからといってやけぐいしたり、ダイエットを止めてしまったりしては今までやってきた努力も無駄になってしまいます。
継続することはとても大切です。焦らず気長な気持ちをもって頑張って行きましょう。

停滞期を気持ちよく過ごすためにはダイエット自体を気持ちよく楽しくする方法を見つけるのがいいと思います。音楽を聞きながら歩いたり、万歩計をつけて楽しむようにしたり、一日の成果をグラフにつけて成果の過程を目で見て楽しむようにしたりとさまざまな方法があります。

自分の励みになるし、体重が落ちることだけにこだわらなくなるのでぜひ自分なりの楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか。

また、今ではインターネットで体重や体脂肪を管理してくれるようなソフトを無料でダウンロードできるみたいなので、そういったものを利用してみるのもいいのではないかと思います。

ウォーキングを楽しくすることにより、外見的にもダイエットができるし、健康維持もできてしまいますよ。


カテゴリ:- | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | -
正しいウォーキングでダイエット

 ウォーキングダイエットの秘訣は、正しいウォーキングです。


では正しいウォーキングとはどういうものでしょうか?
・背筋をピンと伸ばす
・歩幅を大きくする
・早足であるく
・腕をくの字に曲げて大きく振る
というようなことだと思います。
また、ウォーキングのような有酸素運動をすると脂肪が燃焼し始めるまでには20分は最低でもかかると言われていますので、20分で止めてしまうと脂肪が燃焼する前に終わってしまいます。ですからせめて30分は行うようにすることが大切だと思います。


それと最も大切なのは「継続する」と言うことです。最初から無理して飛ばしてしまうと筋肉痛になったり、面倒になったりして長続きしなくなります。まずは無理をしないこと、毎日でなくてもいいので週に2〜3回から始めてみるようにすることから始めてみてはいかがでしょうか。


次に歩幅に関してですが、大きくと言われてもピンとは来ないと思います。具体的に言うと身長から100を引いた長さが理想的だと言われています。
頑張って足を広げた位だと思いますので何かを目安にしてみるなどして楽しみながらウォーキングしてみましょう。


最後に歩く早さについてですが、普段よりは早めに、息が切れすぎない程度に、かつリズミカルに歩くようにしましょう。


以上が正しいウォーキングの基本的です。
参考にしてください!そしてダイエットを成功させましょうね!


カテゴリ:- | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ウォーキングを気持ちよくやってダイエットをしよう



 ウォーキングダイエットをするなら、快適で気持ちのいいウォーキングをしましょう。


ウォーキングは老若男女問わず行うことができ、準備もそんなに必要ないために手軽にすることができます。
また、心身共に健康的にダイエットを行っていくことができる、言わば健康法なのではないかと思います。


ウォーキングをすると新たな発見があるかもしれません。
例えばいつも車で通っているような道を歩くことによって今まで気付かなかったものを発見したりとかしてちょっと得した気分になるかもしれません。


また、外の空気をじっくりと吸うこともできてリフレッシュにもなるかもしれませんね。


ウォーキングには運動だけじゃなくそういった、付加価値部分も味わうことができるのです。

では、本題の「ウォーキング」について話していきたいと思います。

ウォーキングと言うのは体内に酸素を取り込みながら行う有酸素運動です。効果には脂肪の燃焼、美容効果、骨粗しょう症予防などさまざまな効果が期待できます。最近では若いのに骨粗しょう症になってしまう人もいるとかで体力の低下にも期待したいところだと思います。


心身共に健康になるだけで体の内面からも若さを保つことが可能になると思います。

このようなことが期待できるウォーキングを是非やっていきたいですよね。
そしてこれは、ダイエットだけでなく精神的にもとてもいい効果が期待できますよ。


 

カテゴリ:- | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ウォーキンググッズを買ってダイエットに励もう

 ダイエットに大切なのはとにかく継続すると言うことです。
継続させるためにはどのようにしたらいいと思いますか?
ダイエットを継続させるためには、ダイエットそのものを楽しくしないと続かないのではないかと思います。


ここではウォーキングダイエットを楽しく行うためにできることを紹介してみたいと思います。


ウォーキングを楽しくするためにはグッズを使うこともひとつの方法だと思います。歩数計もそのひとつです。万歩計と言うと分かりやすいでしょうか?万歩計はどの位の歩数歩いたかどうかを測るための道具ですが、最近では歩数計と言って、歩いた歩数を測るのはもちろんのこと、歩いた距離や燃焼された脂肪の量まで測ることができるのです。


また、消費カロリーや歩いた時間も計測することができるので、ただ単に1日歩いたという結果だけをみるより、歩数計の結果を見ながら毎日の成果や変化に役立てていければより楽しくできるのではないかと思います。


目に見えて変化が分かると意外と嬉しいものですものね。

歩数計が欲しい場合には電気屋かインターネットなどで購入することができますので調べてみてはいかがでしょうか。


便利で楽しいグッズを使って、ウォーキングそのものを楽しくすることで、結果的にダイエットに繋がったり健康維持に繋がったりするのです。


カテゴリ:- | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) | -
服装にも気をつけてウォーキング

 ウォーキングをするときの服装は、できれば軽いもので季節にあった服装にしましょう。


例えば夏だったら上はTシャツに下は短パンか長いジャージ、冬は上下とも長いジャージなどがいいのではないでしょうか。


冬でも走れば暑くなるからとか言ってTシャツに短パンは止めましょう。逆に汗をかいたら風邪を引いてしまう原因になります。
また夏でももっと汗をかきたいからとナイロン地の汗を通さないウインドブレーカーみたいなやつを着る人もいますが、暑くて倒れてしまう可能性がありますので止めましょう。


適度に季節感を持った服装にしましょう。


次に帽子ですが特に日差しが暑いとき、紫外線が強い時期などは被った方がいいと思います。日傘でも黒がいいと言われているように黒は熱を吸収して日を避けてくれますのでできれば黒い帽子でツバが着いているものが望ましいです。


次に手袋ですが、長時間歩く場合には手袋をした方がいいそうです。日焼け止めという意味もありますが、長時間歩く場合には手がむくむ場合もあるようです。むくみを防止するためにも手袋が活躍しますのでぜひ試してみてください。


このようにウォーキングをひとつするだけでも服装などで気を付ける点があります。
正しい服装でウォーキングをすると、体調を壊す可能性が低いために継続したウォーキングに繋がります。
継続することがダイエットなので、ぜひ試してみてください。


カテゴリ:- | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
| 1/2PAGES | >>